2018年4月14日土曜日

そよ風にひらひら~ハンカチノキ(2018.4.14)


  毎年5月前になると問い合わせが多くなるのがハンカチノキ。いつもの年だと4月下旬~5月中旬ということでご案内していますが、なんと今年はすでに咲いています。南側の芝生広場とバラ園の間で見ることができます。昨年は4月27日の見頃マップで「園長おすすめ」にしていたので2週間ぐらい早いですね。

 ハンカチノキは、中国四川省などの山岳部に自生する落葉樹。花びらのように見える乳白色の“ひらひら”は実は花ではなく苞(ほう)で、その中にある黒っぽい球状のものが小さい花が集まったもの。その様子がまるで白いハンカチのように見えるのが和名の由来。英語では、白い鳩が枝にとまっているように見えることからdove tree(鳩の木)と呼ばれているとか。



数年前は残念ながら開花が見られない年もありましたが、付近の大木を整理して日当たりを良くしたせいか、随分と花つきが良くなっています。


この時期に、ハンカチノキとともに皆さんの関心が高く問い合わせが多いのがヒトツバタゴ(別名ナンジャモンジャ)です。この花も昨年は4月末頃が見頃でしたが、今年はもう咲いています。
 上の写真はモデル庭園のものですが、入口壁泉のところにも咲いています。



ちなみに、昨年のブログ(2017.4.28)で紹介したJR博多駅黒田節像のところのヒトツバタゴも早くも咲いています。
  
 今年の春は、サクラ類から始まっていろいろな花が例年より早く駆け足で開花しています。「見頃の花マップ」をチェックして毎年楽しみにしている花をどうぞお見逃しないように! (解説員)

2018年4月12日木曜日

これもサクラの仲間?!セイヨウバクチノキ(2018.4.12)

                

 バラ園南側からモデル庭園に下りていく途中にセイヨウバクチノキ【西洋博打木】の白い花が咲いています。長い花穂を直立に出して長い雄しべが目立つ小花を多数つけています。

  このような花のつき方を総状花序(そうじょうかじょ)といいます。和名の中の「バクチ」とは?賭け事・ギャンブルのことです。以前(2016.9.29)のブログで紹介したバクチノキと同じように樹皮がはがれ落ちることからつけられた和名です。(ただしセイヨウバクチノキは相当老木にならないとはがれないそうですが)



バクチノキ
バクチノキもそうですが、このセイヨウバクチノキも分類的にはバラ科サクラ属です。原産は小アジア~東南ヨーロッパの常緑樹で、この花のつき方はとてもソメイヨシノなどと同じサクラの仲間とは思えませんね。細かい分け方では「バクチノキ亜属」に分類されます。
  同じように総状花序に花をつけるサクラ属の仲間にウワミズザクラ【上溝桜】があります。



 細かい分け方では「ウワミズザクラ亜属」に分類されますが、これもれっきとしたサクラ属で花木園で今満開状態です。

 園内では遅咲きグループの「サトザクラ」たち・・カンザン、フゲンゾウ、キクザクラ、ショウゲツ、イトククリ、フクロクジュなどがまだまだ楽しめます。さまざまなサクラの仲間を楽しみに植物園にお越しください。                                              (解説員)

2018年4月4日水曜日

今年は「サトザクラ」も早い  「白」が名前につく桜(2018.4.4)

 福岡地方で平年より4日早く開花したソメイヨシノは、すでに満開を過ぎて盛んに花びらを散らせています。 好天が続いて、園内では例年4月に入ったころから咲き始める「サトザクラ」が続々と開花して見頃を迎えていますが、その中で「白」という漢字が名前に入った桜を紹介します。




  花木園でシロタエ【白妙】が早くも満開を迎えています。大輪の花を咲かせるので「白色八重咲き」の代表といわれています。昨年は4月12日が満開でしたので2週間ぐらい早いです。



同じく花木園で見頃なのがタイハク【太白】です。この品種はわが国では失われたと思われていましたが、あのオカメを作出したサクラ研究家C.イングラムがイギリスに持ち帰っていたものが逆輸入されて各地に植えられるようになったものです。こちらも同じく2週間ぐらい早いです。
 ちなみに「サトザクラ」とは、オオシマザクラがもとになって、それに他のサクラが自然交配したり、人為的に交配が行われたりしてできた園芸品種の総称です。ですから、サトザクラという品種名のサクラはありません。またサトザクラの中でも八重咲のものを一般的に「八重桜」と呼んでいます。





  最後に紹介するのは、多くの「サトザクラ」の親となったオオシマザクラ【大島桜】です。芳香のある大きな白い花を若葉と同時に咲かせます。「白」が名前につく桜たちにも、その特性がしっかり引き継がれているようです。

  園内では遅咲きグループの「サトザクラ」が続々と開花しています。色が珍しいので例年問い合わせが多いウコン【鬱金】やギョイコウ【御衣黄】も、昨年は4月19日頃が満開でしたが、今年は「新着情報」でもお知らせしているようにすでにほぼ満開状態となっています。
  どうかお見逃しのないようにお越しください。                     (解説員)

2018年3月21日水曜日

緋色の系統 早咲きの桜たち(2018.3.21)






 3月19日、平年より4日早く福岡地方のサクラ(ソメイヨシノ)の開花が発表されましたが、当園内では早咲きの桜たちが標準木であるソメイヨシノに先駆けて咲き誇っています。
 花木園では早咲き桜の一種ヨウコウ【陽光】が開花しています(3/14開花)。大型で濃いピンク色の花が多数咲く華やかな桜です。ソメイヨシノの一品種のアマギヨシノとカンヒザクラとの交配により1981年に作出された品種です。






 すぐ近くにオカメも開花しています(3/7開花)。ヨウコウに比べると型は小さいですが、やはり濃いピンク色の花をつけます。ユニークな名前ですが、1930年頃イギリスのサクラ研究家C.イングラムがマメザクラとカンヒザクラとの交配により作出した品種です。
 ちなみにサクラの「早咲き」「遅咲き」とは、一般的に標準木であるソメイヨシノの開花前に満開になる種類を「早咲き」、ソメイヨシノがほぼ散り終わって満開になる種類を「遅咲き」と分類しているようです。


 当園内では、上の2種の前には全国的に早咲きで親しまれているカワヅザクラ【河津桜】(2/27開花)やシュゼンジカンザクラ【修善寺寒桜】(3/7開花)も咲きました。




カワヅザクラ

シュゼンジカンザクラ

 この2種類はカンヒザクラを片親として自然に交雑して生じた雑種で、でもう一方の親はオオシマザクラと推定されているようです。
 これらの品種を並べてみると、花が比較的大型でピンク色が濃く、開花時期が早いという共通の特徴があり、それぞれの片親であるカンヒザク【寒緋桜】の早咲き性と濃い緋色の花色の系統をしっかりと引き継いでいることがわかります。






 当園では、ソメイヨシノはもとより4月中旬頃のサトザクラと呼ばれる遅咲きグループなどまで約50種類のサクラが次々に開花していきます。新着情報の「サクラマップ」で刻々と開花情報をお知らせしていきます。さまざまな種類のサクラ探訪に春の植物園にお越しください。    (解説員)                                                 

2018年3月12日月曜日

温室でボーモンティア・グランディフロラの花が咲いています!

 現在,大温室2階で,ボーモンティア・グランディフロラの花が咲いています。
ボーモンティア・グランディフロラは,キョウチクトウ科ボーモンティア属のつる植物で,インドが原産です。


 白く大きな花をつけます。中国名で「清明花」、英名で「ヘラルド・トランペット」と言われます。花には芳香があり、したたるほどの蜜ができます。




大温室の階段を上って2階にいくと,間近に白く大きな花を見ることができます。まだつぼみもありますが, 温室内でも今の時期にしか見られない花ですので,お早めにご覧ください。

(植物展示係 下川)


2018年3月1日木曜日

今年は『ヒスイカズラ』の開花が早いかも(2018.2.28)

例年は、3月末から4月が見頃になる『ヒスイカズラ』の蕾が今年は2月からかなり膨らんできました。2月27日の色づいた蕾の状況です。
下の二枚は、一昨年、昨年の3月末の花の写真です。
今年の『ヒスイカズラ』は早く咲くと予想されます。
特に、回廊温室では上の棚から10数本の蕾が下がっているので、3月の開花時にはかなりの迫力になるでしょう。
『ヒスイカズラ』はマメ科ヒスイカズラ属の植物ですが、同じ『カズラ』の名前が付いた『ベンガルヤハズカズラ』や『マイソルヤハズカズラ』も温室にあります。
『ベンガルヤハズカズラ』や『マイソルヤハズカズラ』はキツネノマゴ科ヤハズカズラ属になります。
下の写真が『マイソルヤハズカズラ』です。こちらは水生温室に咲き始めています。
いろんなカズラが咲く3月。
是非、植物園に鑑賞に来ていただき、美しい写真を撮ってください。

(緑の相談員 О)

2018年2月22日木曜日

黄色いパラボラアンテナ 福寿草(2018.2.22)





野草園にフクジュソウ【福寿草】(キンポウゲ科)の黄色い花が咲いています。別名は元日草・元日花とも呼ばれて、江戸時代から正月の飾りとして使われてきました。江戸時代の正月はもちろん旧正月のことで、今年もきっちりと2月16日の旧正月に合わせて咲きました。




 おわん型に咲くフクジュソウの花は、よくパラボラアンテナに例えられます。フクジュソウは昆虫に花粉を運んでもらう虫媒花ですが、昆虫を引き寄せるための蜜は持っていません。その代わり、パラボラアンテナが電波を集めるように、太陽光を花の中心部に集めて暖かい空間を用意して昆虫たちをおびき寄せているのです。
 まだ肌寒い時期に昆虫たちをおびき寄せるすばらしいやり方ですが、それでは暖かい太陽光が当たらない日にフクジュソウの花はどうなっているのでしょうか?




 上の写真は2月21日(水)、朝からどんよりと曇っている日の花の様子ですが、前の日にはしっかり広げていた花びらを閉じています。フクジュソウは太陽光の当たり具合で花びらの開閉を行っているんです。
 そのため、この時期、特に曇りの日に緑の情報館を訪ねてこられたお客様が「フクジュソウ咲いてますか?」と聞かれると答えにくい時があります。自信がない時には「もしかしたら開いていないかもしれません。」と答えていますのでご理解お願いします。
 ところで、寒いうちから黄色い花を咲かせて私たちを楽しませてくれるフクジュソウですが、花が終わったらどういう姿になるかご存知ですか?



花が咲き終わると、ニンジンに似た小さい葉をいっぱいに広げて光合成を行い栄養分を貯めこみます。そして、他の植物が茂って競争相手が多くなる初夏の頃には、葉を枯らして長い休眠期に入ります。このように他の植物と競合しない生き方は「ハミズハナミズ」という別名を持つヒガンバナなどと同じパターンですね。(「葉見ず花見ず 2017.1.10」のブログをご覧ください。)

 フクジュソウで早春の雰囲気をいち早く感じ取ってください。               (解説員)