2017年9月14日木曜日

高原で秋を堪能(2017.9.10)

9月8日、所用があって大分県に出かけました。
前日の雨が嘘のような秋晴れの中、九重の飯田(はんだ)高原に立ち寄り、写真をパチリ。

タデ原湿原から三俣山をパチリ。
木道を歩き、湿原周辺の植物を写してきましたので、いくつか紹介します。
マツムシソウです。
ワレモコウです。
ススキです。赤い屋根は長者原ビジターセンターです。
ハギ(マルバハギ)です。
サイヨウシャジン(ツリガネニンジン)です。
サワギキョウです。
ヒゴタイです。
短時間の滞在でしたが、青空の中、心地よい風を感じながら、秋を堪能できました。
(緑の相談員 O)

9月の植物から②(2017.09.14 )


野草園では,ナンバンギセルが咲いています。ちょっとわかりにくいのですが,俳句を展示している四阿(あずまや)から降りたタカノハススキの根元に咲いています。『思い草』ともいわれ万葉集では,「道の辺の 尾花が下の 思い草 今さらさらに 何をか思はむ」と詠まれています。



同じく野草園にワレモコウがひっそりと咲いています。源氏物語にも取り上げられた秋の名花のひとつで,そのたたずまいが好まれ,茶花などによく用いられます。多数の小さな花の集まりで,花弁はなく,4個の萼片があります。
 
 


次に紹介するのはタマスダレです。レインリリーともよばれています。
先週,めぐみの雨が降ったおかげで,次々と咲いています。
 
紹介した植物が観察できます。(解説員 N)
 




 



 

 

2017年9月12日火曜日

9月の植物から(2017.09.012 )


先日の観察会での植物を2種類紹介します。

温室では,世界1大きな実のパラミツが実っています。熱帯アジアでは,食用として重要です。

幹から直接実がつく,幹生果(かんせいか)です。




野草園では,キバナノツノゴマにオクラによく似た実がついています。全草が粘液質の毛でおおわれていて小さな虫などがくっついています。じつは,食虫植物の仲間だともいわれています。

若い時は,食用にされますが,やがて黒く熟して木質化して釣り針状になり,動物にひっかけて種子を拡散しています。ひっかかったり,踏みつけると大変なことになりますね。
 


 
紹介した植物が観察できます。(解説員 N)

2017年9月11日月曜日

“小さくともはや瓢箪でありにけり”俳句の展示入れ替えました。(2017.09.12)


野草園の休憩所内に展示している俳句作品を入れ替えました。
今回展示した句の中から、いくつかご紹介します。

“小さくともはや瓢箪でありにけり” 松尾康乃
(ちさくともはやひょうたんでありにけり)


 “瓢箪(ヒョウタン)”はウリ科ユウガオ属のツル植物です。原産地はアフリカ南部ですが1万年も前から世界中で栽培されているなど、人類との関わりの深い植物です。日本でも縄文時代には栽培されはじめ、イネよりも古く「日本最古の栽培植物」とも言われています。
 なぜそこまで広まったのか?ヒョウタンは成長が早く、そしてたくさんの実をつけます。さらにその実は大小さまざまで軽量かつ加工もカンタンです。水を運ぶ容器として、食器として、そして楽器として、人類の生活に不可欠な植物だったようです。
楽器のマラカスももともとヒョウタンで作られていました。

 福岡市の植物園内でも、毎年6月からの8月の間、ヒョウタンの棚で作った「ヒョウタントンネル」をつくり、たわわにぶら下がるたくさんのヒョウタンの実をご覧いただけます。
ヒョウタントンネル
 そのヒョウタンの実は、句にもあるように、花びらが枯れた直後からすでにヒョウタンのくびれが見られます。“小さきヒョウタンの実”は、ほぼそのままの姿でサイズアップしながら成長を続けるのです。

まだ若いヒョウタンの実

 ご紹介したヒョウタンの句は、読むにつけ、句の作者の自然に対する観察眼と、そこから「物語」を見出す感性の高さを感じます。俳句は素人の私でも「いい句だな」と感じます。

 最近、「ヒョウタンランプアート」などヒョウタンを使ったクラフトが人気のようです。植物園でも、毎年、園内でできたヒョウタンを使って「マイひょうたんづくり」のクラフト教室を開いています。今年は11月5日13:30~です。現在、参加者募集です。たくさんの申し込みをお待ちしています。
たまには、こんなばちかぶりのヤツも出てきます。

*この展示は、植物園で句会を開かれている「植物句会」松尾康乃主宰のご協力のもとに展示しており、約1か月おきに入れ替えを行っています。

*今回展示している俳句の一覧です。

(園長 上田)